よくある質問

表計算ソフトでの事件管理と何が違うんですか

 法律事務所の中には、表計算ソフトを使って事件管理をしているというところもあったりします。
 そのような事務所の方の場合、LegalWinを使って事件管理を行うと、何がどう違ってくるのかが気になると思われますので、以下ご紹介します。

複数人での同時編集が簡単にできます

 表計算ソフトでは、通常、複数人で同時編集しようとすると、「編集のためにロックされています」と表示されてしまい、編集することができません(※なお設定をすれば全く編集できないわけではありません。)。
 LegalWinは、表計算を行うためのソフトとは異なり、データベースソフトとしての機能を備えています。同一事件について同時に編集された場合なども、データベースソフト上で適切に処理され、当然に行うことができます。

無駄な作業を極力省き、一度入力した情報をフル活用できます

 事件管理を進めていくにあたっては、情報の入力を日常的に行います。このように高い頻度で行う作業において、作業効率が悪いと、その影響はどんどん積み重なっていってしまいます。
 LegalWinでは、目的とする事件へのアクセスや、電話メモの入力など、日々繰り返し行う作業を中心に、無駄な作業を極力排除して、作業効率の向上を測っています。 
 事件情報として入力された情報は、各種書面を作成するときに、自動的に転記されます。
 またLegalWin上の情報は、依頼者及び事件を中心として一元的に管理することができます(業務メモ、やるべきこと、金銭出納帳、分割払いの管理等)。

どこにいても情報にアクセスすることができます

 LegalWinは、クラウド型の事件管理サービスです。データは厳重なセキュリティのもと、クラウド上に保管されていますので、利用者は事務所からだけではなく、自宅、裁判所、出先などからも必要な情報にアクセスすることができます。
 またそのように自分からアクセスしに行くことができるだけではなく、設定により、自分が関与する事件の業務メモが追加された場合に、メールで都度その内容が送られてくるようにすることもできます。
 なお、このようにどこからでも情報にアクセスすることができる性質から、弁護団事件や共同受任の場合など、事務所をまたいで特定の事件について情報共有を行いたいという場合にも、共同作業を行うことができて便利です。

利益相反アラートが表示されます

 事務所の弁護士数が増えてくると利益相反の問題が生じやすくなりますが、事務所内での利益相反が疑われる登録がされると、自動的にアラートが表示されます(利益相反アラート機能)。

ITに詳しくなくても使えますか

 新しい事件管理のやり方への移行を検討するにあたっては、事務所の弁護士及び事務員が「使いこなせるか」が心配になると思います。特に、「クラウド」、「ディープラーニング」、「OCR」などと言われるとなおさらだと思われます。

 もっとも、LegalWinについて、その点の心配はいりません。特別にパソコンの操作やITに詳しくない弁護士の方、事務員の方でも、十分に使いこなせるように設計されていますので、どなたでも活用いただけます。

 LegalWinは、もともと弊社代表の事務所で実際に使用されていたものをベースにしています。
 その際、パソコン操作に詳しい人もそうでない人も、特別な説明を受けたり、マニュアルを見たりしなくても直感的に使用できるようにと設計されており、実際にそのように利用されていました。
 使い方を深く知れば、より便利に使えるという機能はたくさんありますが、基本的な機能については、難しい操作などは一切不要で、誰でもすぐに使い始めることができます。
 個別の導入サポート、また導入後の活用相談をご希望の場合は、プレミアムプランの契約をご検討ください。

LegalWinのセキュリティについて教えて下さい

 今や、全くインターネットに接続しない形でパソコンを利用するというのは、利便性の点から考えづらくなってきています。そのような状況からすれば、ことさら「クラウドだから」ということではなく、パソコンがインターネットに繋がっている限り、セキュリティには常に配慮する必要があります。
 LegalWinでは、以下のような形でセキュリティを確保しています。

安心のAWS

 LegalWinは、AWS(アマゾンウェブサービス)上でサービスを展開しています。AWSは、金融機関や、政府機関も採用するクラウドサービスであり、万全のセキュリティを確保していますのでご安心ください。

セキュリティ確保のための施策

 LegalWinでは、情報漏えい防止のため、海外からのアクセスの遮断、利用者と弊社サーバ間の通信の暗号化、データベースやファイルシステムの暗号化及び不正アクセス防止のためのアプリケーションファイアウォールの導入など、セキュリティ確保のために様々な施策を導入しています。

二段階認証(二要素認証)

 ログイン時の設定として、通常のパスワード認証に加えて、認証コードによる認証もあわせて行うことができます。不正なログインを防止するために、このような二段階認証を導入しています。

インストール型のソフトでの事件管理と何が違うんですか

 法律事務所の中には、事務所内のパソコンに事件管理用のソフトウェアをインストールして事件管理を行なっているというところもあります。
 そのような事務所の方の場合、LegalWinを使った事件管理と、何がどう違うのかが気になると思われますので、以下ご紹介します。

初期費用0円から、面倒なインストールなしにすぐに利用開始できます

 LegalWinはクラウド型の事件管理サービスなので、お手持ちのパソコンにインストールする作業は必要ありません。利用者登録に必要な情報を入力すれば、すぐに利用を開始することができます。

アップデートなどの作業をすることなく、常に最新版を利用することができます

 LegalWinはクラウド型の事件管理サービスなので、アップデート等の作業は必要ありません。システムの維持、管理などの煩雑なことは我々にお任せで、利用者は弁護士業務に必要なことに集中することができます。

どこにいても情報にアクセスすることができます

 LegalWinは、クラウド型の事件管理サービスなので、利用者は事務所からだけではなく、自宅、裁判所、出先などからも必要な情報にアクセスすることができます。
 またそのように自分からアクセスしに行くことができるだけではなく、設定により、自分が関与する事件の業務メモが追加された場合に、メールで都度その内容が送られてくるようにすることもできます。
 なお、このようにどこからでも情報にアクセスすることができる性質から、弁護団事件や共同受任の場合など、事務所をまたいで特定の事件について情報共有を行いたいという場合にも、共同作業を行うことができて便利です。

LegalWinはなぜ高機能でありながら低価格を実現できるのですか

一言で言えば、「低価格を実現するために当初から全てを調整しているから」ということになります。

 弊社代表は、LegalWinを開発するにあたり、業務の効率化という観点で見た場合、一番の競合は「Excelなどの従来のやり方」だと考えました。
 表計算ソフトであるExcelでも、その柔軟さからなんとなく管理できてしまうというのが曲者です。「より便利な状態」を知らなければ、仮に何か不便さがあっても「そんなもの」と思ってしまいます。
 そういうことから、特別なツールを使わず、事務局など各人の整理能力に依存した形での管理を行っている方が多いのではないかと想定しました。

 そのような状態から新たなやり方に切り替えようと思っていただくには、思い切った価格が必要と考えました。ごく少数の方に高い価格で使っていただくというような、これまでによくあるサービスではなく、より多くの方に使っていただくサービスにするためには、価格の点だけとっても画期的なものが必要だろうと考えました。
 以上から、低価格が実現できるようなコストのかけ方を最初からしていかなければならないという点を強く意識して事業を立ち上げました。
 その意味では、LegalWinは利益を出発点にしておらず、価格が出発点といえます。その意味で、「低価格を実現するために当初から全てを調整しているから」というのが問いに対する回答になります。

 その上で、ディープラーニング技術に基づくOCRを応用した機能(通帳OCR機能、文書OCR機能)を開発するなど「純粋な事件管理」に止まらないプラスアルファの付加価値を生み出し、そちらについては価値に応じた価格設定をさせていただいております。
 LegalWinは、従来の事件管理をクラウド上で行えるのはいわば当たり前で、そこにいかにプラスアルファの価値を付加して、弁護士業務を効率化できるかが勝負であると思っております。

契約プランについて教えて下さい

契約プランは、以下の4つがあります(価格はすべて税別です)。
新規登録ユーザーはフリープランから開始します。

プレミアムプランベーシックプランスタータープランフリープラン
4980円/月(※年額払の場合)2980円/月(※年額払の場合)1480円/月(※年額払の場合)無料
5480円/月(※月額払の場合) 3480円/月(※月額払の場合)1980円/月(※月額払の場合)
事件数無制限事件数無制限事件数無制限事件数30件まで
通帳OCR機能あり通帳OCR機能あり通帳OCR機能なし通帳OCR機能なし
文書OCR機能あり文書OCR機能あり文書OCR機能なし文書OCR機能なし
個別導入サポート・運用相談等可能

※課金は弁護士アカウントについてのみ行われ、事務員アカウントは無料で作成することが可能です(ただし、事務員アカウント単独では事件の作成等は行えません)。
※契約プランに関わらず、利用登録から7日経過するまでは、文書OCR機能及び通帳OCR機能(破産管財用)については試用することが可能です(事務員アカウントについては、連携する弁護士アカウントが基準となります)。

月額払いと年額払い(1年契約で一括払い)の2種類のお支払い方法があり、年額払いの方が月にならした場合の支払いがお得になります。
どちらのプランも自動更新となり、解約手続を行わなければ、継続的に料金が発生します。

支払いはクレジットカード決済のみとなっております。
クレジットカード決済には、Stripe社のシステムを利用しております。決済のために別途アカウントの作成等は不要で、クレジットカード情報を入力していただくことで決済が可能です(なお、セキュリティの観点から弊社はクレジットカード情報を保有しません。)。

契約プランの変更のやり方について教えて下さい

 契約プランの変更の方法と、手続についての注意点をご説明します。

 契約プランの変更方法

 現在契約しているプランは、ナビゲーションメニューの「設定」の中の「プラン変更」画面で確認することができます(なお、新規登録したユーザーは、フリープランを選択した状態となります。)。

 プラン変更画面では、「現在のプラン」のところに現在契約中のプランと契約期間とが表示されます。
 その下の選択肢から、変更を希望するプランを選択します。
 年額払いか月額払いかの選択や、クレジットカード情報の入力などは「プラン詳細選択」画面で入力します。

 契約プランが変更される時期について

 契約プランの変更については、即時に変更が可能なものと、変更の予約のみとなるものとがあります。

1.即時変更となるもの
  契約プランのアップグレード
 →即時に新たな契約プランに切り替わります。
  継続的な請求がなされるタイミングは、月額払いのプラン同士の変更、年額払いのプラン同士の変更の場合には従前どおりで変化しません。月額払いのプランから年額払いのプランへの変更の場合、変更申込み時を起点としたサイクルに変わります(例えば、月額払いの場合で、15日に変更申込みをした場合は、毎月15日の請求となります。)。
  契約プラン間の差額の精算は、変更申込み時に行われ、変更申込み時から次回お支払い時までの分の請求が行われます。
  なお、アップグレードになる場合でも年額プランから月額プランへの変更はできません。アップグレードしたプランの機能が必要な場合は、年額プランを維持した形でのアップグレードをご選択ください。

2.変更予約のみとなるもの
  契約プランのダウングレード(フリープランへの変更も含みます)
 →現在の契約プランはそのまま継続し、契約期間満了時に新しい契約プランに切り替わります。
  請求がなされるタイミングも従前どおりで、契約期間満了時に新しい契約プランに基づいた期間、金額の請求が行われます。

「関与弁護士」とは何ですか?

関与弁護士とは

共有設定(事務所内で情報を共有)を行っている弁護士を、「関与弁護士」として設定することができます。
パートナー弁護士と勤務弁護士等、同じ事務所内で共同して事件を行う場合に設定を行います。
(事務所外のユーザーとの共有については、事件単位共有機能(事務外ユーザーと特定事件を共有)をご利用ください。)
関与弁護士として設定していると、設定された側のユーザーは、左上の表示弁護士を切り替えなくても、事件一覧画面の「関与事件を表示」タブから関与弁護士として設定された事件に、すばやくアクセスすることができます。

関与弁護士の設定・解除の方法

事件詳細画面の最左部の事件情報の下の方に、「関与弁護士」という項目があります。
クリックすると、共有設定がされている弁護士が候補として表示されるので、そこから共有設定したい弁護士を選択してください(一人追加すると、「関与弁護士」という項目が増えるので、二人目以降も同じように追加してください。)。
関与弁護士の設定を解除したい場合は、解除したい弁護士の名前を選択して、「関与弁護士を設定・解除」という表示に戻した状態で、事件情報を更新すると、解除されます。

関与事件の表示

自分が関与弁護士として設定されている事件については、事件一覧画面の中の「関与事件を表示」タブをクリックすると、一覧が表示されます。そこから事件詳細画面に移動することができます。
(なお、依頼者情報についてまでアクセスしたい場合は、左上の表示弁護士を切り替えてからアクセスしてください。)

Close Bitnami banner
Bitnami