LegalWin

法律事務所の事件管理がこんなに変わります

テレワークにも便利 

従来の例:Excelやインストール型アプリで事件管理しており、テレワーク対応に限界がある

 LegalWinはクラウドサービスなので、事務所の外からいつでも安全にリモートアクセス可能です。
 法律事務所に特化したツールなので、法律事務所で円滑に共同利用できる機能を多数備えています。
 弁護士と事務員間、弁護士間の情報共有・ファイル共有が簡単・スムースでストレスのないものになります。

この機能で驚きの価格

従来の例:法律事務所向け事件管理システムは高額の費用がかかり、導入が大変

 初期費用に加えて、毎月の費用が例えば月当たり5000円だとすると、年間6万円。LegalWinでは月当たり1480円からなので、年間1万7760円で済みます。その差額は4万を超え、10年ではその固定費の差は40万円を超えてしまいます(全て税別としています)。
 価格の高さは品質の高さを保証してくれるわけではありません。低価格でも価値あるサービスをぜひご選択ください。

簡単入力で情報一元化

従来の例:情報がバラバラに管理されており共有に手間がかかる。情報の入力も面倒。

 LegalWinは、入力の手間が極力減るよう工夫しており、全ての情報を簡単操作で手軽に入力することができます。
 業務ソフトは長く使う&毎日使うことが前提ですので、パッと見の印象だけでなく、情報をスムースに入力することができるかをよくご確認ください。
 カンタン入力のLegalWinなら、事件の進捗、TODO、金銭出納、利益相反の確認等の情報が一箇所にすべて集まるとともに、各人が頭の中で記憶しておかけなればならない負担から解放されます。

LegalWinの導入で、弁護士も事務員も、事件の処理が楽になります

せっかく事件管理システムを導入しても、入力が面倒だと、結局情報が十分に集まらずその機能を発揮できません。そこでLegalWinでは、入力の手間を省き、極力シンプルに操作できるように細部まで設計しています。
よく使う操作ほど楽に行えるようになっており、事件の進捗が、あたかもタイムラインのように時系列に沿って表示される快適さは、一度体験するともう戻れません。
さらにPDF文書をクラウドに保存して全文検索できるシステムで、リーガルリサーチの手間を減らすこともできたり、外部ストレージなくファイルの共有をそのままLegalWin内で行えたりと、LegalWinでなければ体験できない機能が多数あります(しかもタイムチャージ機能が加わるなど、どんどん機能が追加されています)。
LegalWinは、法律事務所内にある、面倒な事務処理を効率化し、弁護士にとって本当に必要な事柄に割くべき時間を生み出すことを目指しています。裁判のIT化など状況の変化への対応も、LegalWinを使っていれば安心です。

大量の文献もまとめてクラウドに保管でき、全文検索システムで管理できます

弁護士は判例や法律書籍など多くの資料を扱います。せっかく多くの貴重な資料を持っていても、その資料が散在していては十分に活かすことは困難です。
LegalWinでは、どこにいても資料にアクセスできるように、PDF文書を容量制限なくクラウドに保管することができます(1ファイル当たりの制限はあります)。
さらに、アップロードされたPDFに高精度のOCR処理を行いますので、全文書横断での検索が可能になります。
これにより、情報を探す手間を大きく減らすことができ、大量の情報を余すことなく活用することができるようになります。
「どこに情報があったか」などに頭を使う必要はもうありません。
LegalWinに保管することで、お手持ちのPDF文書が、いつでも、どこからでも、検索・閲覧できる活用しやすい情報に変わり、真に有効活用できるようになります。

事務所の外にいても、事件情報はすべて確認できるようになります

LegalWinはクラウド型のサービスなので、日本全国どこにいてもネットにつながる限り、ブラウザだけで必要な情報を一覧することができます。
LegalWinのシステムそのものに、ファイルをクラウド上で保管する機能もありますので、リモートワークを行う際にもファイルのやりとりの面倒もありません。
事務員の作成した業務メモはメールで通知するよう設定できますし、担当者を決めてTODOを作成すれば、その担当者の画面では、TODOが設定されたことが通知されます。
これらの機能により、テレワーク時にも時機に後れず情報を把握することができます。

後見事件で報告時の集計の負担を軽減し、破産・管財事件で金銭の動きを可視化

LegalWinでは、通帳にOCR処理を施して、通帳上の取引をデータ化し集計することができます
これにより、成年後見事件では、一つ一つ出納帳に入力していく手間が軽減できます。取引の分類も、以前の入力が入力候補として現れるので、使うほど手間が減っていきます。
破産・管財事件では、同じく通帳をデータ化することで複数口座の取引を集計して、月別収支等を表示することができるので、例えば危機時期前後で預金がどのくらい増加または減少しているのかが一目で分かるようになります。
現役の弁護士が開発の最前線にいることから、比較的新しい技術を積極的に弁護士実務に取り入れて活用しているところにLegalWinの特徴、強みがあります。

クラウドならではの利便性とセキュリティ

LegalWinは、1分程度でできる会員登録さえすれば、登録したその直後からすぐに使い始めることができます。
フリープランから始められ、登録時にはクレジットカード情報の入力すら不要です。
クラウド上のシステムなので、サービスのアップデートや機能拡張も随時行われていきます。
LegalWinは、大手都市銀行や政府機関などにも採用されているAWS上でサービスを展開しており、最高水準のセキュリティで安心してご利用いただけます(ログインの設定には、二段階(二要素)認証をお勧めしております。)。
LegalWinでは、情報漏えい防止のため、海外からのアクセスの遮断、利用者と弊社サーバ間の通信の暗号化、データベースやファイルシステムの暗号化及び不正アクセス防止のためのアプリケーションファイアウォールの導入など、セキュリティ確保のために様々な施策を導入しています。

訴状作成支援機能等で業務の効率化を実現します

LegalWinでは、わかりやすい操作で快適に事件を管理できることに加えて、事件処理をサポートして作業時間短縮に役立つ様々な機能を備えています。
例えば、訴状を作成するという際に、単に住所や氏名が書面に反映されて出力されるというだけでなく、典型的な請求の趣旨の参考例を候補として表示し、そこから絞り込んで選択したものを書面に反映させるということもできます。
タイムチャージのための時間測定を簡単に行える機能など、さらなる機能は機能説明ページに記載しています(新しいタブで開きます)。
時間短縮につながる様々な工夫を、無料登録でぜひお試しください。

Close Bitnami banner
Bitnami