LegalWin

法律事務所の事件管理がこんなに変わります

テレワークにも便利 

従来の例:Excelで事件管理しており、テレワーク対応に限界がある

 LegalWinはクラウドサービスなので、事務所の外からいつでもアクセス可能です。
 法律事務所に特化したツールなので、法律事務所で円滑に共同利用できる機能を多数備えています。
 弁護士と事務員間、弁護士間の情報共有が簡単・スムースでストレスのないものになります。

この機能で驚きの価格

従来の例:法律事務所向け事件管理システムは高額の費用がかかり、導入が大変

 LegalWinは初期費用0円です。ランニングコストも、有料プランは月1480円からと他に類を見ない価格です(しかも事務員アカウントに費用はかかりません。)。
 文書OCR、通帳OCR、外部ストレージを必要としないファイル共有等の独自機能を利用できるプランもお得です。

簡単入力と情報一元化

従来の例:情報がバラバラに管理されており共有に手間がかかる。情報の入力も面倒。

 LegalWinは、入力の手間を極力減らしており、全ての情報を簡単操作で手軽に入力することができます。
 これにより事件の進捗、TODO、金銭出納、利益相反の確認等の情報が一箇所にすべて集まるとともに、各人が頭の中で記憶しておかけなればならない負担から解放されます。

LegalWinの導入で、弁護士も事務員も、事件の処理が楽になります

せっかく事件管理システムを導入しても、入力が面倒だと、結局情報が十分に集まらずその機能を発揮できません。そこでLegalWinでは、入力の手間を省き、極力シンプルな操作を採用しています。
また単に事件が管理できるだけではなく、独自の「通帳のデータ化」機能(OCR処理)により後見事件及び破産・管財事件の事務処理を補助します。
さらにPDF文書の全文検索システムでリーガルリサーチの手間を減らすこともできます。
ファイルの受け渡しも、外部ストレージを用意する必要はなく、そのままLegalWin内で共有することができます。
LegalWinは、法律事務所内にある、面倒な事務処理を効率化し、弁護士にとって本当に必要な事柄に割くべき時間を生み出すことを目指しています。

大量の文献も文書OCRで簡単整理

弁護士は判例や法律書籍など多くの資料を扱います。その資料が散在していては、せっかくの情報も活かすことができません。
LegalWinでは、高精度のOCR処理をすることで、PDF文書を全文検索可能にします。これにより、大量の文書を有していても、情報を探す手間を大きく減らすことができます。
文書はクラウド上で一元管理されるので、整理に頭を使う必要はもうありません。
LegalWinに置いておきさえすれば、いつでも、どこからでも、求める情報にアクセスすることができるようになります。

事務所の外にいても、事件情報はすべて確認できるようになります

LegalWinはクラウド型のサービスなので、日本全国どこにいてもネットにつながる限り、ブラウザだけで必要な情報を一覧することができます。
LegalWin内でファイルを保管する機能もありますので、リモートの作業時にもファイルのやりとりの面倒もありません。
事務員の作成した業務メモはメールで通知するよう設定できますし、担当者を決めてTODOを作成すれば、その担当者の画面では、TODOが設定されたことが通知されます。
これらの機能により、テレワーク時にも時機に後れず情報を把握することができます。

後見事件で報告時の集計の負担を軽減し、破産・管財事件で金銭の動きを可視化

LegalWinでは、通帳にOCR処理を施して、通帳上の取引をデータ化し集計することができます
これにより、成年後見事件では、一つ一つ出納帳に入力していく手間が軽減できます。取引の分類も、以前の入力が入力候補として現れるので、使うほど手間が減っていきます。
破産・管財事件では、同じく通帳をデータ化することで複数口座の取引を集計して、月別収支等を表示することができるので、例えば危機時期前後で預金がどのくらい増加または減少しているのかが一目で分かるようになります。

クラウドならではの利便性とセキュリティ

LegalWinは、1分程度でできる会員登録さえすれば、登録したその直後からすぐに使い始めることができます。
フリープランから始められ、登録時にはクレジットカード情報の入力も不要です。
LegalWinは、大手都市銀行や政府機関などにも採用されているAWS上でサービスを展開しており、最高水準のセキュリティで安心してご利用いただけます(ログインの設定には、二段階(二要素)認証をお勧めしております。)。

わかりやすい表示と使いやすい操作

事件管理システムは毎日使うものなので、一つ一つの作業効率が使い勝手に大きく影響します。
そこでLegalWinでは、余計な手間を省き、必要な情報がわかりやすく一覧できることを重視して設計しています。
例えば、事件の選択については、依頼者の頭文字の母音(「ア行」、「カ行」など)から表示する事件を絞っていって、簡単に探すことができます。事件情報を探す際には依頼者名から探すことが多いことから、LegalWinでは、このような操作方法を採用しています(その他様々な方法で目的の事件を表示することができます。)。
目的の事件を素早く表示できる操作性と、様々な省入力の工夫で、負担感なく情報の入力を日々行うことができます。

開発の理由

「弁護士一人の時間は24時間と限られている中で、少しでも生産性を上げるには、業務を効率化するしかない」
「業務を効率化するために、誰でも使える効率的なシステムをみんなで利用したい。」
「一般民事の弁護士・法律事務所向けに業務を効率化するためのサービスがなかなか見当たらない。」

世の中のIT化はどんどん進んでいます。
もっとも、司法の世界では、いまだにFAXを使っていたり、紙の通帳を扱っていたりと、新しい技術ややり方が導入されるのに時間がかかります。
法律事務所の従来の事件管理は、効率の悪い作業が繰り返し行われていたり、手持ち事件の全体像が把握できなかったりして、見通しが悪いということがありました。弊社代表は、自ら現役の弁護士として感じているそのような苦痛を解消するために、LegalWinを開発しました。

特徴として、基本機能としての事件管理機能については、わかりやすさ、使いやすさを重視して設計されています。その上で、事件管理サービスとして圧倒的低価格での提供を実現しました。
このような基本機能に加えて、LegalWinは、従来にない独自機能を搭載しています。具体的には、通帳及びPDF文書をデータ化して、事件処理に活用することなどができます。これらは、単にExcelで行っていたデータの管理・表示をクラウド上に移し替えるというだけでなく、弁護士業務の負担をもっと広範囲に軽減していきたいという思いがあるからです。
法律事務所の実情に精通している現役の弁護士が開発しているからこそ、様々な事件管理のスタイルにマッチする、真に必要な機能を提供することができます。
私たちは、今後も弁護士・事務員の方が使っていて「これは便利だな」と感じる機能の開発を継続していきたいと考えています。
「LegalWin」は、現在も代表者自ら毎日使用しながら、日々改善を続けています。登録はフリープランで簡単に行えますので、まずはお試しいただければ幸いです。
Close Bitnami banner
Bitnami