なぜ弁護士が事件管理ツールを導入する必要があるのか?


Excelで十分管理できるのだからわざわざ事件管理ツールなど入れる必要がないのではないかとも思えてしまいます。
しかしながら,事件管理が「できる」というのと,それを効率良くやれるというのには大きな差があります。

特に弁護士は,自分の身一つで価値を生み出していかなければならない側面が強いことから,「自分の時間」の有効活用という点は十分意識する必要があります。

一回一回に大きな時間がかかっている感覚がないために意識されづらいですが,日々の作業は繰り返し行うものですから,無駄な部分があると,積み重なって大きな差が生じます。
情報がバラバラになっていると,求める情報を探すのにパソコンの中をあちこち探す手間がかかります。またそもそも情報がデジタル化されていない場合には,事務所内にある紙の資料を事務員と一緒に捜索したりなんてことも生じます。
これらは情報を適切に一つのところにまとめていれば(一元化),必要のない時間です。
その時間があれば,もっと早くほかの仕事を進めることができます。またもっと早く仕事を終わらせてプライベートな時間を持つことができます。

デジタル化を適切に進めることができれば,従来のやり方の「改良」にとどまらず,従来のやり方ではやりたくてもできなかったことが新たにできるようになります。
クラウドでの一元管理を進めれば,Excelでの管理のように,事務所に行ってそのパソコンのそのファイルを開かないと情報にアクセスできないということから解放されます。
また表計算ソフトであるExcelではできなかった,縦横無尽の情報活用も可能になります。
手持ち事件がそれぞれどの段階にあるのか、次回期日はいつで、次のやるべきことは何かなどを一覧表示で確認したり,期限より前の任意のタイミングでリマインド通知を表示させたりということも簡単です。

弁護士向けの事件管理ツールといっても,複数あってどれがいいのかわからないという方もいらっしゃるかもしれませんが,差がわからないのであれば無料のツールや低価格のものからまずは試して見るべきです。
価格を高くすることは簡単ですが,その価格に見合った価値を生み出すことは簡単ではありません。特に差がわからないならば,少なくともその価格差を埋めるだけのその価値が感じられないということにほかなりません。

この点,LegalWinは,一般民事を取り扱う弁護士が,もともと自らのために開発した専用のツールを長年に渡って発展させてきたものです。一般民事を取り扱う法律事務所において必要となる機能は何かということを考え抜いて作られ,改良を続けているものですので,機能の点では間違いがありません。しかも,従来の製品では考えられなかった,月あたり1480円から利用可能であり,躊躇するような価格ではありません。
またLegalWinには,PDFをクラウドで管理して全文検索することができる機能や,タイムチャージ機能,通帳OCR機能など,従来のExcelでの管理では実現できない機能が多数あります。これらによって更に事務処理を効率化することができます。

従来のやり方から脱する決断はお早めに。

Close Bitnami banner
Bitnami