2021年10月19日の更新

・新たに「表数字認識機能」をリリースしました(画面右上の「お役立ち機能」の中にリンクがありますのでお試しください。)。
 銀行の履歴や貸金業者の取引履歴など、表形式になっている部分の数字を認識して、Excelにコピーアンドペーストしやすいように出力します。
・その他細かな修正を行いました。

2021年10月3日の更新

・「時間管理」機能で、タイムレコードの表示領域を調整しました。
・「請求書管理」機能等で、法人の場合(代表者肩書ないし代表者名が記入されている場合)の宛名の表示を修正しました。
・訴訟事件など、記録の量が多い事件で「電子記録管理」機能の全文検索、ブックマークメモは威力を発揮します。ブックマークメモの便利な使い方について機能紹介ページに記事が追加されましたので、ぜひご参照いただきご活用ください。

電子記録管理機能のブックマークメモでどこに何が書いてあったかが一目瞭然

LegalWinの電子記録管理機能の大きな特徴は、PDFに高精度のOCR処理を施すことで全文検索を行えるようにできることですが(全文検索システムについてはこちらの記事もご参照ください。)、さらにブックマークメモを活用することで事件処理を効率化することができます。

訴訟事件等で、大量の書面のやりとりが行われるようになると、どこに何が書いてあったのか全てを記憶のみで行うことは大変です。
従来であれば、付箋を貼ったり、線を引いたりして、記憶の助けとしていたと思われます。
このようなアナログ的な方法の弱点としては、一覧性に欠けるという点と、記録現物が手元になければ何もできないという点にあると思います。

LegalWinの電子記録管理機能では、各PDF毎にブックマークメモをつけることができ、上記の弱点を補うことができます。

PDFの本文はOCR処理により文字として扱うことができますので、ブックマークメモも本文内容からコピーアンドペーストすることができます。
これにより、重要な部分だけ抜き出した要約も手軽に作成することができます。

このブックマークメモは、各PDF毎に一覧できるだけでなく、事件全体のものを一覧表示することもできます。

事件全体の一覧画面を見れば、どの書面にどのようなブックマークメモが作成されているかが一目瞭然ですので、事件全体を俯瞰することができます。

事件の進行中に各書面毎にメモをつけておけば、尋問前の準備のときや最終準備書面作成時など、事案全体を振り返るときに、いちいち記録をひっくり返し直す必要がなく、スムースに事案の重要部分の把握を行うことができます。

2021年10月1日の更新

・「文書クラウド管理」機能でブックマークメモの編集時のフォームの大きさを調整しました。
・「電子記録管理」機能でブックマークメモの編集時のフォームの大きさを調整しました。
・その他細かな修正を行いました。

Close Bitnami banner
Bitnami