証拠説明書作成機能


事件詳細メニュー「電子記録管理」の画面から、証拠説明書作成画面に移動することができます。
証拠説明書作成画面に移動するまでの操作について、以下ご説明します。

1 「電子記録管理」機能でアップロードしたファイルの「種別」の項目に、「甲」や「乙」(場合によっては「丙」など)といった区別を入力していただきます。
 なお、画像のようにこの入力項目はエクセルのようになっていますので、同じ内容を入力する場合にはコピー&ペーストで一括して入力することが可能です。
 
2 入力後、表の左上の緑色の「変更を保存」ボタンから、入力した変更内容を反映していただきます。

3 表の右上に種別選択という入力フォームがあり、入力した内容に基づいて、「甲」や「乙」などが選択できるようになります。

4 甲などと選択していただいた上で、「証拠説明書作成」ボタンを押していただけますと、証拠説明書作成画面に移動できます。

5 証拠説明書作成画面では、予め証拠番号がアップロード順で自動に振られますが、適宜増減したり、枝番をつけるなどボタン操作でしていただきます(作成者等の情報も適宜入力していただきます。)。

6 その上で、何号証から何号証までを対象とするかを選択していただいた上で、「証拠説明書出力」ボタンを押していただけますと、情報が反映されたExcelファイルが出力されます。

2023年1月22日の更新

・「後見関係」機能-財産目録-「取引入力画面」等で、オートコンプリートの調整を行いました。
・「期日簿」機能の画面レイアウトを変更し、期日簿の画面内で書面提出期限を管理するTODO、タイムレコードの作成及びGoogleカレンダーへの予定の出力ができるように修正を行いました。
・その他諸々微調整を行いました。

2023年1月15日の更新

・「売上一覧」機能において、確定申告用ソフトにインポートしやすい形でエクセルデータを出力できるようになりました。
・「依頼者詳細」画面で、Eメールアドレスについてもクリップボードにコピーできるボタンを設置しました。
・その他諸々微調整を行いました

2023年1月6日の更新

・証拠説明書作成機能を追加しました。
「電子記録管理」の画面に、「証拠説明書作成」ボタンを設置しております。種別に「甲」などと入力しておいていただけますと、当該ファイルを対象にした証拠説明書の作成画面に移動できます。
・その他諸々微調整を行いました。
・本年もよろしくお願いします。

2022年11月14日の更新

・「時間管理」機能で、「タイムレコード追加」ボタンからレコードを追加する際の日付が表示されている基準となる日になるように修正しました。
・「TODO」作成時の「メール通知の設定」のチェックボタンについて、「担当者」として設定した人が「アカウント設定」画面で通知を受け取るように設定している人の場合、デフォルトでチェックが入るように修正しました。
・その他諸々微調整を行いました

Close Bitnami banner
Bitnami