事件単位共有機能(事務外ユーザーと特定事件を共有)

LegalWinは通常、事務所内のユーザーと事件情報を共有することを前提としています(事務所内共有)。
それとは別に、事務所外のユーザーと特定の事件の情報のみを共有することができます。
(なお、通常の共有設定(事務所内共有)とは、アクセスできる情報の範囲が異なります。事件単位共有の場合には、申請を受けた側の人は、基本的に事件の情報にのみアクセスが可能で、依頼者詳細画面にはアクセスする権限が与えられません)

事件単位共有は、共有したい事件の主担当の弁護士の側から設定します。
共有したい事件を表示し、事件詳細メニューの中の、「事件単位共有」画面から、共有先の人のメールアドレスを入力します。
(※共有先の人はLegalWinのアカウントを持っていることが前提ですので、順序として、先にアカウントを作成しておいてください)

申請を行うと、申請先のアカウントにリクエストが送られますので、事件単位共有の申請を受けたユーザーの側で、ログインした後、画面右上の「設定」の中の「アカウント設定」画面で、申請された事件単位共有のリクエストを承認します。

申請が承認されると、事件単位共有の申請を受けた側では、画面右上の「設定」の中に、「事件単位共有事件を表示」というメニューが現れます。現在進行中の事件単位共有事件の一覧が表示されます。
(なお、アカウント設定画面の中には、既済事件も含めた事件単位共有事件の一覧が表示されます。必要がなくなった共有については、そこから削除することもできます。)

事件単位共有では、申請とリクエストの承認が行われた人の間でしか、事件情報が共有されることはありません。
したがって、弁護士アカウントだけではなく、事務員アカウントについても事件情報を共有するためには、事務員アカウントに対しても、事件単位共有の申請を行い、事務員アカウントの画面で、そのリクエストを承認するという作業を行う必要があります。

Close Bitnami banner
Bitnami