こんな場面でLegalWin(リーガルウィン)

 このページでは、LegalWinが役に立つ主な場面と、導入によって事務フローがどう変わるのかをご紹介します。

1.弁護士と事務員との間の情報共有の効率化を図りたい

従来のやり方の例①
 外部からの電話については、紙の電話帳を使っています。
→その都度メモするのは問題ありませんが、後になって「○○さんからの問い合わせっていつあった?」と聞かれても、探すのが大変でした。

LegalWin導入後
 事務員は、外部からの電話があった際のやりとりを業務メモに記録していきます。
 簡単操作で目的の事件を表示し、当該事件の項目にメモを記録しておけば、その事件の中だけでなく、全事件を通して新しいものから一覧で表示されます。
 事件詳細画面では、電話の相手方ごとに絞り込みができますので、過去のメモにも簡単にたどり着くことができます。

従来のやり方の例②
 弁護士が不在のときの電話は、事務員が事務所で受けて、弁護士に伝えます。紙の電話メモ帳にメモした後、急ぎの用件については、事務員が弁護士にすぐ電話しています。急ぎのものでなければ、弁護士が事務所に戻ってきた際に電話メモ帳を見せます。
→電話帳へのメモとは別に改めて電話しなければならないのも手間ですが、それに加えて、急ぎの用件かどうかの判断を事務員がしなければならなくて、事務員に負担をかけてしまっていました。

LegalWin導入後
 他の人が作成した業務メモをメールで通知するように設定しておけば、事務員が業務メモを追加した時点で、弁護士に向けて業務メモの内容がメールで送信されます。
 これにより、事務員は改めてわざわざ弁護士に伝える手間をかける必要はなく、弁護士もリアルタイムに業務メモの内容を把握することができます。急ぎの用件であれば、弁護士はすぐに対応を事務員に向けて連絡することができます。

2.同じ事務所の(アソシエイト)弁護士と事件を共同で進めたい

従来のやり方の例①
 アソシエイトは折を見てボスに対して事件の進捗の報告を行います。
→アソシエイトの側は、忙しそうなボスに対していつ報告すればいいのか、様子を伺う必要がありました。一方ボスの側は、いつアソシエイトが報告をしてくれるのか、今どのように事件が進んでいるのかを常に気にしている必要がありました。

LegalWin導入後
 アソシエイトは外部とのやり取りや進捗をその都度業務メモに記録していきます。わざわざ報告のためだけに機会を作る必要がなくなり、自分の備忘のためのメモが、ボスへの報告も兼ねることになります。
 ボスは、自分のタイミングで業務メモ一覧画面や当該事件の業務メモを見れば、事件がどのように進捗しているのかを把握することができます。メールが送信されるように設定しておけば、自分から見に行かなくても、動きがある都度メールが届きます。

従来のやり方の例②
 ボスは、これをやってほしいということがあった場合には、折を見てアソシエイトを呼んで、伝えます。
→双方それぞれ独自に動いている中、指示を出す機会を作る必要があり、また指示を出した後、それがどこまで進んだのか、終わったのなどを確認する必要がありました。

LegalWin導入後
 ボスは、担当者をアソシエイトに設定したTODOを作成することで、やってもらいたいことを伝えることができます。
 アソシエイトの画面では、ボスがTODOを設定したことがナビゲーションメニューで通知されるので、指示を見逃すことはありません。当該TODOにとりかかったら、TODOのステータスを「作業中」に変更し、当該TODOをやり終えたら「終了」に変更すれば、TODOにとりかかっている状態であることや、やり終えたということがボスに伝わります。

3.他の事務所の弁護士と事件を共同受任することになった。進捗等を共有したい

従来のやり方の例
 A弁護士とB弁護士は、定期的に打ち合わせや電話をして、事件の進め方について協議します。
→今後どう進めるかの協議の前に、ここまでの進捗の共有の必要がありました。

LegalWin導入後
 LegalWinを通じて、共同で受任している事件について情報を共有することができます。
 それぞれが自分の画面で業務メモやTODOの操作をすることで、事件の進捗ややるべきことをリアルタイムに共有できるので、打ち合わせの際には、情報が共有できた状態からスタートすることができます。
 事件管理機能については、フリープランで事件数30件まで使うことができるので、無駄な費用をかけずに情報共有を行うことができます。

登録済みの依頼者の事件を追加する

 既に登録済みの依頼者から、再び別途事件を受任した場合などの場合に、その依頼者に紐づいた事件を追加することができます。
 調停から訴訟に移行した場合や、一審から控訴審に移行した場合など、事件情報を引き継いで新たに事件を追加したい場合は作成済みの事件の情報を引き継ぎ、新たに事件を作成することも可能です。

依頼者詳細画面から追加する

 依頼者詳細画面の右半分には、当該依頼者の事件が一覧表示されます。
 「この依頼者の事件を追加」というボタンを押すと、事件を追加することができます。

事件詳細画面から追加する

 既に作成されている事件の、事件詳細画面の最左部のメニューの中に「事件新規作成」ボタンがあります。そのボタンをクリックすると、「この依頼者の事件を新規に作成」という項目があるので、そちらをクリック。
 そうすると、当該依頼者に紐づいた、全く新しい事件が作成されます。
 なお、調停事件が訴訟に移行した場合や、上級審に移行した場合など、現在表示している事件の情報を引き継いで新しい事件を作成したい場合は、「事件情報を引継いで作成」を選択します。

作成済みの事件の情報を引き継ぎ、新たに事件を作成する

事件を作成した後,事件が進んで交渉段階から調停,訴訟へ移行した場合などに,事件関係者等の情報を引き継いで新たに事件を作成することができます(事件番号等の関係で,LegalWinでは審級ごとに別事件として扱います)。

事件詳細画面の最左部のメニューの中に「事件新規作成」ボタンがあります。そのボタンを押すと,「事件情報を引継いで作成」という項目がありますので,そちらをクリック。
そうすると,元の事件で入力されていた,相手方,相手方代理人等の事件関係者の情報が引き継がれた状態で,新しい事件が作成されます。

2020年6月28日の更新

・事件一覧の次回期日及びTODOの表示の調整を行いました。

・次回期日は未到来のもののみ表示、TODOは未了のものがある場合は期限が近いもの、未了のものがない場合は期限が直近の完了TODOが表示されます。

・事件詳細メニュー中の「期日簿」の期日の種類、期日及び時間の入力の調整を行いました。

 いずれも選択肢を表示するようにし(選択肢にないものを入力することもできます)、既に期日の入力がある場合には、デフォルトで最後の次回期日の日時を今回の期日の日時として表示されるようにしました。

・その他各種表示の調整等を行いました。

2020年6月27日の更新

・業務メモの電話番号の自動入力補完について、関係者情報に登録がない場合機能に不具合が出ていたのを修正しました。

・未完了のTODOについて、「完了にする」ボタンを新たに作成しました。ボタンを押すだけでTODOを完了にすることができます。

・その他各種表示の調整等を行っています。

2020年6月23日の更新

・業務メモの相手方の名前・電話番号のオートコンプリートについて、関係者情報に情報が登録されている場合、「相手方」や「相手方代理人」ではなく、具体的な名前が表示されるように修正しました。

・その他細かな不具合修正を行いました。

2020年6月20日の更新

・「すぐメモ」を閉じた後、リンクをクリックした際に文字が選択されたような状態になることがある不具合を修正しました。

・スマートフォンなどで表示した場合の画面表示を修正しました。

・その他細かなUIの調整等を行いました。

2020年6月18日の更新

・「文書OCR」機能について、登録した文書をファイル名で絞り込みできるように修正しました。
 登録した文書が多数になった場合でも、目的の文書の有無の確認が容易になります。

・「すぐメモ」機能について、マウスでのコピー・ペースト動作の修正などを行いました。

・その他細かな不具合修正を行いました。

2020年6月1日の更新

・通帳OCR機能(破産管財用)が、5月中の一部期間、意図せず契約プランによる機能制限がかかってしまっておりました。
 そこで、通帳OCR機能(破産管財用)については、契約プランによる制限がかからない期間を6月14日まで延長させていただきます。

・通帳OCR機能(破産管財用)以外の機能については、各契約プラン毎に利用できる機能が異なります(ただし、登録から7日経過するまでは文書OCR及び通帳OCR機能(破産管財用)はご試用いただけます。)。

Close Bitnami banner
Bitnami